お札のデザインでのお金には意味があってよく進化していたことがわかったんです。とてもいいことですよね

お金であるお札のデザインは日本らしくていい。

お金でのお札のデザイン

お札のデザインでのお金をって言われると、昔から思えばたいぶ変わってきましたよね。昔はお金って金だったそうですよ。金自体で物々交換していたんでしょうね。
しかし、いつからか金ではなくお金自体を作りあげてそれで物を買う習慣をつけたそうです。
金では出回りが少ないせいでしょうか。
それからお金という存在ができ、次におかねのデザインですよね。いつからか小判や小銭からお札に進化してしまい、いわいる、すべてがお札化したんです。

お金のお札のデザインで銭から万まですべてお札ってすごくないですか。自分も見たことあったので知ってますが、すごく良いデザインでしたよ。そしてお札ばかりでは使いがって悪かったのかお札と小銭に分けられました。
これが自分の時代になります。
そして、どうしてこうも、お金はデザインを変えていくんだろうって思ってたんですよね。実はこれって偽造を防ぐためだそうです。
この世の中ですから簡単に偽造してお札を作ってしまう人が現れてしまうんでしょうね。今やカラーコピーまでできてしまいますからね。
でもデザインを進化することによって不可能になってきてるようです。

お金のお札のデザインってだけで以外に深かったりするんですね。確かに、今のお札は前回のお札と違って色が鮮やかだし、細かなデザインがありますよね。これはさすがに偽造できないでしょみたいなデザインにされているように思われます。
そうやってお金の管理を成り立たせているんだなって思いました。