日本のお金でもあるかつての旧千円札のお札のデザインは日本と韓国の歴史問題を揺るがすものでした。

お金であるお札のデザインは日本らしくていい。

歴史問題を揺るがす可能性もある日本のお金のお札のデザイン

日本のかつてのお金の一種であるお札のデザインは歴史問題を揺るがす可能性がありましたが、現在はお札のデザインが変更されてお札が原因である歴史問題が出てくる状況にはないです。
どのようなお札のデザインであったかというと旧千円札に日本初代首相がデザインされていたことです。
彼は日本では初代総理という偉大な肩書きが持っていて、日本人なら誰もが歴史の授業で習うように歴史上の有名な人物として日本の歴史にその名を刻み込んでいます。

しかし、彼はかつて韓国併合を指揮した歴史で証明されている通りに韓国の人間から非常に憎しみを買っています。
彼の亡くなった原因はその恨みから韓国人の青年な中国のハルビンで暗殺です。
その暗殺した青年は韓国内では未だに英雄視されています。


なので彼が日本のお札のデザインにされた時は韓国内で反発があったと考えられますし、歴史問題が揺るがされるのも仕方がないと思われます。
お札のデザイン云々に日本と韓国は歴史問題が存在して、解決には至っていない状況でもあります。
お札が原因で余計に歴史問題が拗れたりすると後々面倒なことでもあります。
この歴史問題が直接的な原因かどうかは不明ですが、現在は他の歴史的観点から見ても無難で著名な人物に変更されています。
もし、今でも日本の初代首相がお札のデザインとして様々な人にお金として利用されていたらと思うと韓国と日本の歴史問題の悪化は顕著になっていたと予想されます。